古書店の歴史

案内する女性

少し前までは本を購入するのは新刊書店が主流で、古書店は一部の人を除いて、敷居が高かったり、店内も暗い感じでなんとなく入りにくいイメージでした。
1990年代前半に、大手古書店の登場でイメージは激変しました。
広く明るい店内、新刊書店のような品揃え、本もクリーニングされているので清潔で、立ち読みもOKという画期的な店舗を展開し、全国に広まっていきました。...Read More

システム

CDを持った手

本やCDの買取においては、大手買取会社であるほどにその効率化を図るため、画一的な買取システムに沿って査定されることになります。
在庫状況や需給の関係、その商品自体の汚れ具合などで価格は決定されるために、時に個人商店での買取価格よりも安い値段で販売されるケースもあります。
その価格乖離を利用して、せどりと呼ばれる売買が流行しましたが、現在においてはその買取価格も適正なものに修正されつつあります。...Read More

売る方法

CD

飽きてしまった本やCDがある時の処分方法として買取に出すという選択肢がありますが、買取をしてくれる業者はいくつかありそれぞれによって違いがあります。
まず代表的な存在としてリサイクル店があります。
本やCDはもちろんですが、その他にもゲームや楽器、家電など、あらゆるアイテムを売る事ができますので、不要品を売却する時に非常に便利です。
また、近年は店舗の数も多く...Read More

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年10月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031